新機能「アーカイブルール」「クラウド編集連携」を追加しました。

大容量・大量の映像ファイルを扱うクラウドストレージとして、アーカイブのコスト最適化は重要な課題です。今回のバージョンアップで、コンテンツごとにアーカイブルールを設定できる機能と、インターネット経由でクラウドにある素材にアクセスして編集できる機能を新たに追加しました。


アーカイブルール

TASKEEからご利用いただけるストレージに”Amazon S3 Glacier Deep Archive” を加え、これまでの”Amazon S3” , ”Amazon S3 Glacier” と合わせて適切なストレージ選択が可能になりました。

さらに、

  • アーカイブルールの複数設定
  • コンテンツごとのアーカイブルール設定
  • ファイル種別(拡張子)ごとのアーカイブルール設定

これによりコンテンツの特性に合わせた柔軟な運用が可能になります。

クラウドビデオ編集連携

クラウドビデオ編集のEDIUS Cloudが動作するAmazonWorkSpacesにAmazon S3を介してTASKEEとの連携が可能になりました。

EDIUS Cloudによる編集作業を終えたら直接Amazon S3にエクスポートすると、TASKEEにも登録されるため、TASKEEを介したプレビューやバージョンの管理がシームレスに実行できます。

  • 撮影素材のアップロード後に即座にクラウド編集が可能
  • 完パケ後のダウンロード、プレビューが可能
  • 保管しているコンテンツの二次利用に即座にクラウド編集
お問い合わせ窓口
無料トライアルお申し込み受付中

無料で2週間ご利用いただけます。実際に使い勝手をお試しいただき、業務改善の効果をお確かめください。

資料ダウンロード

詳細な機能・仕様、よくあるご質問などをまとめたPDFをダウンロードできます。

ダウンロードする(1.7MB)

お問い合わせ

導入の流れや初期の移行手順など、お気軽にご相談ください。

お問い合わせする